プレミアム商品券とは何? いつからどうやって買える? 東京都大田区のケース

プレミアム商品券とは、消費者が商品券を買うと、一定のプレミアムを上乗せした金額の買い物が地元でできるというものです。
大田区プレミアム付き商品券

東京都大田区の場合、2,500円で3,000円分の買い物ができる、プレミアム率20%のお得感があります。

1冊は500円商品券が6枚綴りの3,000円分の商品券です。

プレミアム商品券は以前も自治体などが負担して行われていましたが、今年は「地方創生」をうたった安倍政権により国の補助金もでるため、発行する自治体が増えています。

制度自体はバラマキ感が否めないのですが、制度があるなら徹底的に利用するのが私のポリシーなので、今回は購入予定です。
スポンサーリンク

プレミアム商品券の特徴

  • 自治体ごとに発行されるので、その自治体のエリア内でしか使うことができない。
  • プレミアム額や有効期限などのルールも自治体ごとに異なっている。
  • 運営は、地域の商店街組合などが行っており、そこに加盟していない大型量販店やショッピングセンターでは使えないのが一般的。
  • 有効期限が短い。大田区の場合、10月の一般販売は平成27年10月24日(土)~であり、有効期限は平成28年1月31日(日)なので約3カ月と大変短い。前回2015年4月の発行時には6カ月弱だったので大田区の場合は、条件が悪化。
  • 誰がいくらまで購入できるかも自治体によって異なる。在住の方のみという自治体、在住・在勤の人でも購入できる自治体、購入者に制限がない自治体などいろいろ。
有効期限など使用上の制約があるので、使用する金額分だけを購入するようにしましょう。

お得感により、限度額いっぱいに購入し、有効期限内に使いきれなかったということがないようにご注意ください。

プレミアム商品券の購入にあたっての注意点

  • 有効期限
    非常に短いので、その期間に使用できる店舗で、夫と私がいくらくらい買い物をするかを考えて購入します。
  • 使用できる店舗
    商品券を使用できる店舗に自分が購入したいお店があるか
  • おつりは出るか、商品券は何円券か?
    ほとんどの自治体でおつりは出ないようで大田区も出ませんが、500円券なので、東急プラザのタリーズでコーヒ飲むのにも使えるから良いかと思っています。

プレミアム商品券は、商店街というイメージが強かったので、グランデュオ蒲田東急プラザ蒲田などの駅ビルでは使えないと思い込んでいたため、2015年4月の購入を見送りましたが、どうやらその2つでもほとんどの店舗で使えるようですので、10月は購入しようと思います。

大田区の場合、一般の人は2015年10月24日(土曜日)から、先着順によるプレミアム付き商品券の一般販売で購入します。

10月24日(土曜日)は商店街、大型店及び郵便局(蒲田、大森、千鳥のみ)で販売するそうです。

24日の朝10時から、グランデュオ蒲田東急プラザでも販売するようなので、私はそれを狙う予定です。

販売枚数に制限があるので、24日の10時に行ってみようと思います!事前に並ばなくても大丈夫か心配ですが、もし購入できなければ、郵便局で買えばいいやというのもあるので。

蒲田、大森、千鳥以外の普通の郵便局は、10月26日(月)から発売予定ですが、平日は基本的に会社を休んだり遅刻したくないので…

購入限度額は、1人様5万円分、20冊(商品券6万円分)となっています。4月は1人10万円までだったので、限度額が半分になり、有効期限も半分になり、大盤振る舞いが縮小傾向にあるように感じます。

10/24に上記作戦で入手を試みましたが、見事惨敗・・・惨敗状況は下記続きのブログをご参照ください。