税金

スポンサーリンク
税金

税金の控除を “誰” が受けるかは、超重要

夫婦共働きのサラリーマンの場合、それぞれ天引きで社会保険料を納め、年末調整で税金計算が終了することが基本となります。 そのため、サラリーマン共働きの場合、自分で稼いだ収入から天引きで社会保険料が支払われるため、あまり「世帯」という意...
税金

e-Taxによる確定申告のメリットは大きい|2019年からICカードリーダがなくてもOK

e-Taxは、インターネットで所得税を含む国税に関する申告や納税、申請・届出など手続ができるシステムです。 2019年1月から、e-Taxの利用が格段に便利になり、ICカードリーダーを持っていない私も自宅からe-Taxで電子申告ができ...
税金

株式売却損出しのメリット・デメリット|簡単3ステップで確定申告なし

株式売却益や配当金が溜まってきて、このままでは13万円以上の税金を支払うことになってしまうので、含み損を抱えている銘柄を売却して利益を少なくし、税金を節税することにしました。 2018年 損益通算のために含み損銘柄の売却 益が大...
税金

つみたてNISA 2018年1月から開始|どんな制度?

2018年1月から「つみたてNISA」という新しい制度が始まります。 10月から既に口座を開設している方もいらっしゃる方もいると思いますが、普通のNISAとiDeCoといろいろあってまだよく分からないという方も多いと思います。 ...
税金

NISA最大のデメリット|損失が出ると二重に損をする

NISAの制度が始まって4年目ですが、口座は開設されても実際に取引されている口座が少ないようです。 どうして非課税のメリットがあるのに、制度利用が進まないのでしょうか? その一番大きな理由は 売却損が発生するとデメリットあり ...
税金

iDeCo(個人型確定拠出年金)に加入した方がいい人と加入しない方がいい人

2017年1月から新しくなった個人型確定拠出年金のiDeCo(イデコ)ですが、「私も始めた方がいいのかな?」と悩む方も多いと思います。 iDeCoについてあまりご存じでない方は、メリットや始め方を纏めた下記の記事をまずご覧ください。 ...
税金

会社員の私がiDeCo(イデコ)に加入できない理由は?

2017年1月から、「みんながiDeCoに加入できる」ようになったと言われています。 iDeCoとは個人型確定拠出年金を英語表記した"individual-type Defined Contribution pension plan"...
税金

iDeCo(イデコ)の気になる6つのデメリットとその軽減策とは?

2017年1月から全国民が加入できるようになった、個人型確定拠出年金(iDeCo)ですが、税制的には大きなメリットがあり、「公的年金が足りないから、自己責任で老後資金を貯めてね」という政府の強い意図を感じますね。 高い税制メリットがあ...
税金

iDeCo(個人型確定拠出年金)の始め方|掛け金限度額と3つの手順

全国民が加入対象者となると言われている、個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)。要は少子高齢化により、国民年金や厚生年金は先細りしていくために、若いうちから自分で老後資金不足分は積み立てておいてね、その代り税制上優遇するから というのが制...
税金

iDeCo(イデコ)の手数料比較|金融機関はどこがおすすめ?

圧倒的に税制的に有利な自分のための老後資金を作る方法iDeCoですが、始めようと決めてもたくさんの金融機関の中からどこを選ぶか悩みますよね? 今回は、2017年1月時点において、どの金融機関がお勧めか調べてみましたのでご紹介します。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました