スワップポイント vs 含み損|FXの仁義なき戦い

「不労所得」、「副業」、「主婦でも簡単に稼げる」など、魅力的なキーワードで語られることが多いFX。

なかでも、トルコリラや南アフリカランドなど、高金利通貨の買いポジションを保有することにより、金利相当のスワップポイントを手にいれる「スワップ投資」が人気です。

私も為替のチャートを読んだり、分析したりはできませんが、トルコリラの買いポジションを買って持ち続けるくらいならできそうだと、トルコリラのスワップ投資を始めました。

スポンサーリンク

1. 割安と思うタイミングで買いポジションを購入する

FXというと難しく聞こえますが、スワップ投資は外貨預金に似ているので、円高水準で外貨を買い、円安になったら外貨を売ります。

金利目当てでスワップポイントを貰い続けることが目的の場合、買いポジションを売ることも少ないから、トルコリラを買って持ち続けるだけです。この「持ち続ける」というのが、意外と難しい…

難しく感じさせるのは、FXはレバレッジをかけることができる点です。

通常の外貨預金では、100万円の資金では100万円相当の外貨しか買えませんが、FXではレバレッジをかけることができ、例えば3倍のレバレッジをかければ、100万円の資金で300万円相当の外貨を買えます。

レバレッジをかければ、スワップポイントも多く受けとれますが、その代わり、為替が変動することによる為替差損益も大きくなってしまい、最悪のケースでは評価損が必要資金を上回り、ロスカットされてしまいます。

2. 毎日千円のスワップポイント

ロスカットで100万円の資金がほとんどなくなるとか、怖いこともあるFXですが、資金管理をきちんと行えば、株式投資と同様くらいのリスクで運用できるのでは と思い、勇気を出して始めてみました。

FX業者がたくさんある中で、トルコリラのスワップポイントが高く、スワップポイントを好きなタイミングで引き出せるマネーパートナーズで運用を始め、ようやく一日千円、毎月3万円の買いポジションを保有できました。

3. スワップ vs 含み損の戦い

トルコリラやメキシコペソのような高金利通貨はインフレ率が高く、通貨の価値が目減りしていくため、その対価として高金利になっています。

そのため、高金利通貨への投資は、スワップポイントが貯まるのが早いか、通貨価値の下落による含み損によるロスカットが早いかの競争になります。

トルコリラの歴史では、通貨価値の下落スピードが圧勝しており、今までスワップ派で稼げた方はほとんどいないでしょう。

しかし、「そろそろトルコリラも底値?」と思ってしまうんですよね…

50円や40円を底値と思ってトルコリラを購入して撃沈した先駆者がいるにも関わらず、30円を底値と思って参入した私。

現在の結果は、どうでしょうか?

含み損の攻撃

マイナスになる時の勢いは半端ない…

10/9にアメリカとのビザ発給停止問題時には、朝起きると▲10万円を超える評価損に一瞬で下落していました。

含み損の攻撃は強烈かつ、一気に致死レベルです。

スワップの攻撃

一方、スワップは強烈ではありませんが、毎日毎日少しずつチャリンチャリンとお金をもたらしてくれます。まさに、不労所得といえます。

ようやく、毎日千円のスワップが積み重なり、含み損も円安により減ってきて、トルコリラはプラスに転じました。

大幅下落が10/9、ようやく回復してきたのが10/21で、20日間でここまで口座残高が様変わりします。

トルコリラは年利11%ものスワップポイントなので、通常で考えればすごくお得に感じますが、コツコツスワップポイントで稼いだものを、一夜の為替下落で持ち去っていくのがトルコリラの怖いところです。

今のところ、含み損の攻撃力が圧勝ですね!

4. 勝利宣言はいつ?

感覚的には敗戦が濃厚なトルコリラ投資。

どのような状態になったら勝利宣言できるでしょうか?

現在、1万トルコリラあたり90円~100円のスワップポイントを毎日貰っているので、12万トルコリラで1ヶ月で3万円、一年で36万円を貰っています。

ちなみに、先週の マネーパートナーズのPFXのスワップポイントは、93円~100円で、他の業者と比べてもなかなかの水準でした。

トルコリラスワップポイントは熾烈な争いを繰り広げているので、上位5社くらいは順番が入れ替わることも多く、時には他の業者の首位が続くので、業者を替えたくなることもあります。

しかし、マネパのスワップポイントを任意のタイミングで引き出せるのは、配当金生活にとっては必須機能だと思っているので、 マネーパートナーズが他の業者に比べてスワップポイントで見劣りするようになるまでは、ここでトルコリラ運用を続けるつもりです。

トルコリラへの投資資金が200万円なので、

200万円 ÷ 36万円 = 5.6年

約6年間今のレベルのスワップポイントが貰えれば、スワップ累計が投資資金200万円を上回るので、完全勝利と言えるでしょう。

問題は

  • 6年間ロスカットされずに生き残れるか?
  • スワップポイントが一日90円~100円の現行水準を6年間維持できるか

です。

過去のトルコリラの歴史では実現しなかった夢のトルコリラ勝利宣言!

今のところ、含み損に圧倒されつつありますが、頑張れ、トルコリラ!!