ループイフダン 検証ブログ|初心者の初年度の運用結果はいかに?

FX初心者が、「初心者でも大丈夫~」がウリのアイネット証券のループイフダンで毎月2~3万円のお小遣い稼ぎに挑戦中。

果たして初心者は初年度の2017年にいくら稼げたのか?

スポンサーリンク

1. ループイフダン 現状の設定

現在運用中のループイフダンは、下記3つです。

  • EUR/JPY 売り 40銭毎 1,000通貨
  • AUD/JPY 買い 20銭毎 1,000通貨
  • USD/JPY 買い 25銭毎 1,000通貨

開始したのは2017年5月ですが、値幅を狭くしたり、一時期の豪ドル90円を超えそうな円安時には、高値買いポジションを回避するために、一旦ループイフダンを止めたり、EURの売りを始めたりと、少しずつ調整しながら現在の設定にいきついています。

開始時は200万円で運用していましたが、EURの売りを開始するにあたり、最大ポジション数をある程度多くするために一旦100万円追加入金をして、合計300万円で運用していました。

為替レートが比較的安定していたので、資金運用の効率性を重視し、100万円を出金して200万円で運用しています。

2. 2017年の収入推移

ループイフダン初年度の2017年の累計収入推移を見ていきましょう。

開始初月こそ、含み損が決済利益を上回ったためマイナス損益となってしまいましたが、2カ月目以降は順調にプラス収支となっています。

含み損込みの合計損益は14万円、含み損抜きの実現決済利益は17万円となり、初心者の挑戦としてはまずまずの結果となりました。

累計決済損益:  173,772円
含み損益:     ▲32,683円
合計損益:      141,089円

年末が比較的円安水準で終えてくれたので、含み損が少なかったので、安心できる運用となっています。

3. 為替レート推移

FXの初心者が、あまり危機を迎えることもなく、普通に17万円稼げてしまったので、調子に乗ってしまいそうですね…

しかしながら、私がループイフダンを運用していた期間のUSD/JPYの為替レートを見てみると、ループイフダンが得意とするレンジ相場になっていたので、相場環境に恵まれていたことに気づきます。

上記緑線内が私がループイフダンを運用していた期間の為替推移です。1米ドルが107円~115円の間のレンジで推移していることが分かります。

27円くらいの下落には耐えられるように最大ポジション数の設定をしていますが、8円しか動いていないので、安心して運用することができました。

自動発注機能に慣れた人からすれば、ボラティリティが少なかった2017年は物足りない年だったかもしれません。

私のような初心者には暴落がほとんどなく安心して取引できた一年でした。

4. 現状のポジション状況

200万円の初期資金が、217万円に増えていますね!

実効レバレッジも1.6倍という安定運用になっています。

5. 2018年のループイフダン

こんなに順調に収益を増やせると、設定を増やしたい気持ちになってきますね。

でもしばらくは設定を増やさずにこのまま運用を続ける予定です。

理由は、200万円の投下資金で既に最低必要資金:645万円の取引を行っているので、為替が逆方向に進むと追加で500万円を投入しなければならないリスクを既に背負っているからです。

相場が安定していると、時折これだけのリスクを背負っていることを忘れがちになってしまいますが、「資金管理」が一番大切なループイフダンなので、稼ぎたい金額からではなく、常に背負っているリスクを今後も管理しながら運用していきたいと思います。