初心者FXで危険なこと|取引金額を意識しない

最近自分がFXを始めたことを友達に話すと、実は周りに意外とFXをやっている人が多いことに気づきました。

元手は10万円、100万円、500万円といろいろなパターンですが、強制ロスカットにあったりして、貯金を減らしているかたがたが身近に数名いらっしゃいました。

スポンサーリンク

1. FX初心者失敗の理由

お話を伺うと、1ドル100円は切らないかなと思っていた…と為替の予想が外れていることがほとんどです。

まぁ、為替の予想なんてプロでも当たらないので当然ですが。。

一番驚いたのは、外貨の取引金額です。

10万米ドル

とかだったりするんですよね…  10万米ドルは1000万円以上!?

もちろん、レバレッジ25倍と考えれば、100万円なら2500万円まで取引できるのかもしれません。

FXしている本人も、余裕資金の100万円を投じている意識しかないようです。

もちろん、証拠金以上の損失を被ることはほとんどないので、100万円をかけているという表現はある意味正解です。

しかし、ここにFXの怖さを感じます。よく初心者の失敗の原因として

レバレッジのかけ過ぎ

があげられます。

分かっているようで深くは理解できていなかったのですが、発注がLot単位だったりと、だんだん自分がいくらの勝負をしているのか麻痺させる仕組みが完備されたのが、FXだと感じました。

2. 儲けたい金額から逆算

いきなり最初から10万ドルかけたような強者はさすがに周囲にはいませんでした。

皆さん、1万ドルくらいから始めて、ビキナーズラックからか、2円円安が進み、いきなり2万円を楽々手にいれたりと成功体験がある方がほとんどです。

そうなると、まだ証拠金も十分あるし、5倍の5万ドルにすれば10万円儲かったのに…と計算が始まります。

欲しい金額から逆算してポジション金額を計算し始めると地獄への第一歩です。

10万円簡単に稼げるということは、10万円簡単に失うということなので…

3. ポジション残高を意識

まだ証拠金に余力があるから、ポジションを増やすのではなく、自分がいくらの外貨を買っているのか、頭の中で考えて現金を準備するイメージを持ってから取引したいと思います。

これから、毎月のFX取引報告をこのブログで行っていきますが、一番下に現在のポジション残高を付記することにしました。最初は少な目に勝負しているつもりですが、既に172万円相当の外貨を持っていると考えると、ちょっとビックリです。

FXの世界では300万円の資金で172万円のポジションしか保有してない状態はレバレッジ1倍以下となり超安全運転ですが、172万円もの大金を既に外貨預金していると考えるとビックリします。

レバレッジをかけられるFXは資金効率良く稼げる一方、取引感覚がマヒして自分が取れるリスク以上のポジションを持ちがちです。

常に自分がいくらの外貨を買っているかを意識しておけば、ロスカットで市場から退場させられるリスクを軽減できるのではないかと思っています。