スワップ投資の変遷|月5万円を目指すロードマップ

「トルコリラでスワップ生活」、「南アランドでスワップ生活」、「NZドル・豪ドルでスワップ生活」…

金利が高い通貨でFXの買いポジションを持ってスワップ生活を目指しているブログをたくさんみかけます。

スポンサーリンク

1. 私のスワップ運用の変遷

①安全なNZドルでスタート

私自身、それらのブログを参考にしながら、NZドルでスワップ運用を始めました。

ところが、NZドル高が進行して、1年間のスワップより高い為替差益が貰えるので、決済してしまい、初のスワップ運用は終了してしまいました。

その後、NZドル80円以上の買いポジションは持ちたくないため、円高になるのを待っています。

先日、78円台になったので、2,000 NZドルを購入し、77円以下でも2,000 NZドルずつ購入するように指値をしていますが、また80円台に戻ってしまったため、スワップ益を楽しむほどのポジションを構築することができていません。

②リスク覚悟でのトルコリラ

円安の高いNZドルを保有すると、含み損を抱えて続けることになるので、しばらく待つことにしました。

退屈…退屈…

いわゆる、ポジポジ病?

そこで、禁断のトルコリラを購入して、地獄への階段に一歩踏みいれたのです。

1トルコリラ32円を超えて慌てて買い増しをしたり、アメリカとのビザ発給停止問題もあり、円高が進行したので買い増しをしたり、半年足らずで当初目標の12万トルコリラの買いポジション構築を完了しました。

そして、お約束の含み損…

ですが、毎月3万円貰えるスワップポイントに胸を踊らせています。

③南アランド・メキシコペソにも参入

トルコリラに参入したことにより、ハイリスクの新興国通貨に手を出してしまったことになります。

ここまでくれば、南アフリカランドやメキシコペソだって怖くありません。

リスク分散?という名目のもと、ランドとメキシコペソも購入しました。

実際には北朝鮮情勢悪化など、リスクが高くなると、一斉に円高が進行し、特に新興国通過は影響を受けやすいので、リスク分散はされていないのですが…

まぁ、トルコリラ一点買いよりは、クーデターなど一国の政変影響を受けないかな~と。

2. どこのFX業者を利用するか?

スワップ金利はFX業者によって異なるし、時期によって同じFX業者間でも異なります。

ある通貨のFXを始めた時にスワップポイントNo.1だった業者を選んでも、時間が経つと5位くらいになっていたりもします。

しかしながら、その度にNo.1口座に移行するのも大変なので、ある程度長期的な視野で選ぶ必要があります。

現在、スワップポイントは4つの口座に分けて運用しています。口座を分けることにより、通貨毎の最適なスワップポイントを手に入れることができるし、一つの通貨の下落によりロスカットされ、他の通貨の運用に影響を与えることを避けることができます。

一方、資金効率を考えると、どうしても投資する資金が分散されてしまい、100%利用することができない口座も出てくるので、資金効率は下がってしまいます。

スワップポイントについては、どこの業者が一番高いかについては、トルコリラなど競争の激しい通貨は、毎週入れ替わることもあるため、一喜一憂しないようにしていますが、たえず他社と比較するようには心がけています。

現時点での、私の運用は

です。

最近は、 SBIFXトレードの南アランドのスワップポイントが13円に下がってしまい、15円固定のスワップを適用している ヒロセ通商との差が広がってきたので、今後は南アランドもヒロセ通商にしようか悩み中です。

しかしながら、NZドルのような比較的変動の少ない先進国通貨と、南アランドのような新興国通貨を同じ口座でリスクにさらしたくないので、多少の金利差には目をつぶろうか…

3. 月に5万円を目指す

スワップ投資の失敗例は、「1万トルコリラで毎日100円」稼げることに味をしめて、次々にポジションを増やしてしまうところにあります。

更に新興国通貨は値下がり傾向なので、「今が底値かも」、「お宝ポジションになるかも」という気持ちも手伝って、ついつい買い増ししすぎます。

そして、ある日急にやってくる窓開きの円高により、ロスカットを食らう…

なので、「毎日○○円」とか、「毎月○万円」と皮算用するようになると、地獄の入口に立ったことになります。

でも、やっぱり、スワップ狙いである以上、目標を持ってしまう困った自分がいます。

現在の計画では、通貨別に下記スワップ収益を目指したいと思います。だいたい、トルコリラで月3万円、その他の通貨で月1万円ずつというのを目安にしています。

5万円と言いつつ、計画では65,220円となっていますね。これは、スワップポイントが現時点より下がること、また円安が進み、ポジションを買うことができなかったことを想定して、6万5千円を目指せば、結果として5万円に到達することを意図しています。

投入金額400万円…

汗水たらして働いたお金を、ギャンブルのような新興国通貨のスワップポイントに投資してよいのか、NZドルだけにしておいた方がよかったのではないか、、、という気持ちもありますが、「配当金生活を目指す」こと自体が、身の丈を超えた希望なので、アグレッシブにいくしかないのかな。。。