ループイフダン検証|5ヶ月目の結果は3万円超えの収入に!

FXを今年から始めました。

が、上がるか下がるか相場が読めない私にとっては丁半バクチ…

それならば、何とか初心者でも勝ちやすい仕組みはないかと探して選んでみたリピート型自動発注機能のアイネット証券のループイフダン。

ロスカットされることなく、無事に5ヶ月目の運用を終えたので、結果をご紹介します。

スポンサーリンク

1. 5ヶ月目の結果

5ヶ月目は豪ドルが一時90円まで円安が進み、これ以上高値のループイフダンの買いポジションを持つと円高が進行した際の含み損が心配だったので、一旦ループイフダンを停止しました。

北朝鮮情勢もあり、相場が乱高下した日もあったため、ループイフダンの決済回数が比較的多く、5ヶ月間で過去最高の収益をあげることができました。

単月の決済損益が、35,499円と初の3万円超えとなりました。投資資金200万円にしては、上出来と言えるでしょう。

2. ループイフダン 5ヶ月間の収益推移

ループイフダンの5カ月間の累計収益の推移をグラフにしました。

先月までは含み損も5万円近くあったので、純資産増加額は19,258円でしたが、今月は決済損益も3万円超えで円安によって含み損も減ったので、純資産増加額(5ヶ月間累計)は88,823円となりました。

200万円の投資資金が、2,088,823円に増えたということになります。

一時期は豪ドルを停止し、ユーロ円の売りのループイフダンを始めるために、最大ポジションを安全に設定するための資金が不足したので、+100万円入金して合計300万円で運用していましたが、多少のリスクを覚悟しても効率的に運用したかったため、またその100万円を引き出して、200万円での運用を続けています。

3. ループイフダン設定内容

ループイフダンの現在の設定内容です。

豪ドルは一旦停止して、資金を+100万円増やした後に設定したので、最大ポジション数は142とかなり多く設定しています。

売りはあまりやりたくなかったのですが、豪ドルが円安上限の90円を超えたり戻ったりしていたため、豪ドルができなくても収益が悪化しないように初挑戦しています。

最初は値幅が広いループイフダンを行っていましたが、チャリンチャリンと毎日稼いでくれないのが不満だったので、ハイリスクな値幅の狭いループイフダンで運用しています。

北朝鮮情勢などにより、急激な円高が進行すると、口座ごと吹っ飛んでしまうかもしれないので、毎日注視しながら、いざとなれば追加資金を入れられるようにして運用していきたいと思います。

ループイフダンの場合、損切りやロスカットをしてしまうと、「利小損大」になってしまうので、ロスカットにならないように口座を注視していきたいと思います。

もう少し資金力があれば、憧れの「ほったらかし不労所得」にできるのでしょうが、限られたお金を効率よく働かせるためには、多少の手間は惜しまずに運用しくほかなさそうです。