資金力があればリピート系FX自動売買は資産運用の有効な選択肢!

配当金など不労所得を稼いで早期退職を夢見るブログです。

2015年開始時点での収益性資産は国内株式と外国債券くらいでした。そこから配当金が貰えない塩漬け株を処分したり、少しずつ配当金がもらえるポートフォリオに見直しを行った2016年。

しかしながら、2016年一年間で稼いだ配当金は214,000円と、一ヶ月すら生活できない状態でした。

3年目の今年は一ヶ月分の生活費30万円を目指して投資先を探しています。とりあえず、1カ月分の生活費を稼げるようになったら、それを12倍すれば1年分の生活費が稼げるという気が遠くなるような世界ですが…

そこで現時点での最有力候補として見つけたのは

リピート系自動売買FX

です。

スポンサーリンク

1. リピート系自動売買FXとは?

怪しさ満載に感じますが、自分でFX注文を入れる代わりに、システムに予め登録したルールで合「新規→利食い」のセット注文を罠のように張り巡らしたものです。

重要なのは、

資金力 & 資金管理

で、長期的な運用が前提となります。「1ドル100円でドルを買って101円で売る」という取引を繰り返すことによって、レンジ相場で着々と利益をあげる取引方法となります。

買いポジションで円高が進行すると、多額の含み損を抱えることとなりますが、それに耐えうる資金力と資金管理ができるのであれば、有利に利益を出せるのでは?と思ったからです。

2. 最低資金は?

リピート系自動売買は、損切りを前提にせずにどのような相場にでも保有し続けることを前提にしているため、最低資金は下記くらいはあった方がよさそうです。もちろん、それ以下でも始められるのですが、相場次第ではすぐに退場になってしまうので…

最低資金:100万円

ちなみに、私は最初は100万円から始めましたが、安全運用で値幅を広くしたので、あまりにも取引頻度が少なく物足りなかったので、もう100万円を追加投入して200万円で運用中です。

3. リピート系自動売買で重要なこと

私は豪ドルと米ドルの買いポジションのループイフダンを行っていますが、重要な前提条件があります。

①プラススワップであること

長期間含み損のポジションを持ち続けることが前提なので、マイナススワップポイントは辛いです。

日本がマイナス金利なので、両国の金利差はすべて買いポジションなら益かと思いきや、ユーロの買いポジションのようにマイナススワップの通貨もあります。

運用を開始しても、スワップポイントが益になっているかは定期的に確認しましょう。

②資金力 & 資金管理

二番目に重要なのは、資金管理となります。リピート系自動売買は損切りを前提にしないため、どんな相場でもロスカットされない圧倒的な資金力がある人が有利です。

損切りしない & ロスカットされない

そこまでの資金力がない場合、極端な円安では買いポジションの取引は停止したり値幅を広くするなど、含み損ポジションが多くなりすぎない工夫が必要です。

③含み損・ポジポジ病を耐えられるメンタル

リピート系自動売買のメリットは、感情に左右されず、機械的に売買できることです。しかしながら、このループ系自動発注の一番の欠点は

円高だとすごい勢いで含み損が増える

ことです。

最初に資金管理をしっかりして低レバレッジで取引を始めても、含み損が膨大になると不安になってしまいますよね。それを防ぐためにも、至上最安値を更新して1米ドル80円になっても大丈夫な資金的余裕を持っておきたいです。

1米ドル80円なんて当面なるはずがないとどこかで安心していますが、一度1米ドルが80円になると70円に下がるかも… という恐怖が先立ち、いくら含み損を抱えてもロスカットされない資金管理を行っていても、恐怖感から損切してしまうかもと今から心配です。

そうならないように、FXに全力全額を注ぐのではなく、株式や投資信託、くりっく株365などに分散投資は続けていきたいと思います。