株主優待株をたくさん保有すると損? 家族名義を使えば解決(改正版NISAを使う?)

株主優待株を購入しようとして、優待情報を見ると、「あれ?」と不思議に思ったことはありませんか?

株を多く買えば買うほど、もらえる優待が少なくなるのです。例えば、私の№1お勧めのANAは、1000株~4000株までは、1000枚毎に年間2枚もらえますが、4000株を超過して10,000株までは2,000株毎に年間2枚と、倍の株数を必要とします。

スポンサーリンク

1. 株主優待は少ない株数の人がお得!

株主優待は「より多くの株主を作る」ことを目的にしているため、単元株保有者に優しく、機関投資家に冷たいと言われています。
ANA株主優待情報

せっかく、優待目当てでたくさんの株式を買おうと思っているのにガッカリですよね…

2. 家族名義で保有することにより、お得度アップ

さて、ANAの場合、4,000株を超えるとお得度が下がります。我が家の場合、年に2回九州に帰省するため、家族4人分の優待券を準備しようとすると、2枚(往復)/回 × 2回/年 × 4人 = 16枚の優待券が必要となります。

現在、私名義で4,000株保有しているので、年間 8枚の優待券がもらえますが、私名義で16枚もらおうとすると、14,000株が必要なのであと10,000株の株式を購入する必要があります。(2015/8/25  現在の株価 341.8円だと、3,418,000円)

対策としては、他の家族の名義で同じ株を購入するというやり方。

この場合、家族と言えども名義は別ですので、4,000株で年間8枚の優待がもらえます。(2015/8/25  現在の株価 341.8円だと、1,367,200円)。

あと、8枚の優待券が私の名義で買う場合の必要金額の40%の金額で手に入ります。

なお、私が違う証券会社を使っても同じ効果かと一瞬思うのですが、企業の株主名簿では1人として管理されているのでこの方法は使えません。

3. 家族名義で購入する場合の注意点

家族名義で購入する場合、借名取引とみなされないように注意することが必要です。

借名取引とは、第三者(家族を含む)の名前を借りて株取引を行うことを指します。マネーロンダリングや脱税などに使われることが多く、また、複数の口座からの売買注文による相場操縦などにも利用されることから禁止されています。

また、資金の出所によっては贈与税などが課せられる場合もあるので、こちらも注意が必要です。

これを疑われない場合には、証券会社の記入書類は名義本人が記入する、取引資金は名義本人の資金にし、取引する口座も名義本人の口座でやる必要があるなど、注意しなければなりません。

ここまで読んで、何だか面倒・・・・・だと思いませんか?少なくとも、私は今までそう思っていたので、お得だとは思いつつも、家族名義での取引を行っていませんでした。

4. ジュニアNISAの利用

しかしながら、2016年からジュニアNISAが創設されることにより、私はこれを利用しようと考えています。

年間投資上限額は80万円、親権者が代理運用を行い、18歳まで払出の制限があります。

暦年贈与の非課税枠は110万円ですが、毎年110万円ずつ5年間贈与すると、もらった側は「もらった」という認識をしていなければいけないという点や、「最初からまとまったお金(550万円)を贈与するつもりだった」と税務署から判定されるリスクがあり、それを回避するためにいろいろ対策を考えなければいけませんでした。

面倒くさがり&小心者の私は、このような税務リスクをとってまでは・・・・・と家族名義での保有を諦めていました。

しかしながら、ジュニアNISAは国が創設した制度で、ここで年間80万円ずつ投資して贈与税を課すということはないはずなので(暦年贈与の非課税枠を80万円つかうことになるが)、私のような小心者は安心して子供名義で効率的に株主優待券を手に入れることができるのです。

但し、株主優待は本来税金がかからないので、株主優待株をNISA口座に入れるのは非効率だという点、と以前の記事(NISA – 仕組みとメリット・デメリット)で紹介したとおり、損失が発生した場合、特定口座や一般口座で保有する他の株式等と損益通算ができなかったり、一般口座より損をしますので、総合的に判断する必要があります。