配当金生活にはいくらの元手が必要か?

早期退職して配当金生活したいな~と立ち上げたこのブログですが、昨年の配当・利子収入は

214,000円 (配当利回り:0.94%)

まだまだ、配当金生活どころではありません。

絶対的に元手が不足しているから仕方ありません。利回りもまだまだ配当金生活とはいえない激低です。

一体いくらの貯金があれば、「配当金生活」を送れるのでしょうか?

目標がとてつもなく大変に思えてきたので、現在配当金生活を送っている方の元本と配当金収入を調査してみることにしました。

スポンサーリンク

1. 配当金生活を送っている方の貯金

実際に会社を退職して、配当金生活を送っている方が、いくらの元手でいくらの配当金を貰って配当金生活を送っているか調べてみました。

①ひとり配当金生活

2014年に30代で仕事を辞め早期リタイアされたさいもんさん。7000万円貯まってから退職して配当金生活に突入したそうです。

配当金生活突入時の計算は下記前提のようです。

  • 配当金生活突入時の貯金:7,000万円
  • 配当金収入:220万円(税引後)
  • 配当利回り:4%

実際に配当金生活をしてみて、「最低5000万円は必要」との結論に至ったそうです。

5000万円を配当利回り5%(税引き後約4%)で年間200万円というのが、その根拠のようです。

私が配当金目的で保有している日本株の配当利回りは高いものでも3%程度なので、平均5%で運用というハードルは高いですね。

②40代元掃除夫さん

「www9945さんは昨年、資産を2億4000万円にして念願の脱サラを実現した」そうです。

年収300万円でどうやって2億4千万円の元手を貯められたのか、非常に気になります。

「2006年ごろからPER10倍以下、PBR0.4倍以下、配当利回り4%以上でスクリーニングをかけ、割安な銘柄を仕込んできました。」とあるので、配当金生活の銘柄選びの参考になりそうです。

  • 貯金:2億4千万円
  • 配当金収入:561万円
  • 配当利回り:2.3%(逆算)

配当利回り2.3%であれば、頑張ってポートフォリオを見直せば現実的ですし、561万円稼げれば、十分生活できそうです。でも2億4千万というのが、底値で買って最高値で売るという投資で成功するか、宝くじが当たらない限り、貯められそうもありませんね…

③高配当株で配当金生活

このブログのたっちゃんは配当金収入のほかに不動産収入が月に15万円あるので、配当金生活ではなく、純粋に「金持ち父さん」ですね。

配当金+不動産収入があれば最強ですね。でも、税引き後700万円の配当金があれば、それだけでも十分に生活できますが…

  • 貯金:2億円(配当金と利率から逆算)
  • 配当金収入:700万円(税引き後)
  • 利率:3.5%

本来なら、「配当金+副業」のカテゴリに入るのかもしれませんが、配当金収入だけでも十分に生活できるので、「配当金」のカテゴリに含めました。

④ 年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記

こちらは、2006年の7月から会社を退職し配当金生活を行っている「mushoku2006」さんです。

ご本人がおっしゃっている通り、「超の付くドケチ」らしく、食生活などのブログ記事がすごい… 具体的な配当金金額などは見つけられませんでしたが、1億円弱の貯金で退職されたようです。

  • 退職時の貯金:1億円弱
  • 生活費:100万円

資産はその後増えて2億円になっているので、もう少し贅沢できそうですが…

2017/6/13追記
「配当金金額は不明」としていたところ、mushoku2006さんより配当金収入のコメントを頂きました。ありがとうございます!!
現在のポートフォリオを今後も維持した場合、税引き後で年間2万ドルほどだそうです。

⑤ poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

珍しい夫婦配当金生活です。

旦那さんと2人暮らしの40代女性で、2013年に夫婦揃って退職し、完全リタイアされています。年間生活費160万円を目標に、シンプルなミニマムライフを満喫中。

印象的だったコメントは「アーリーリタイアした先には、例えようもない“ノッペリ感”が待ち受けているということ!」でした。確かに毎日会社に行って、週末には溜まった家事と買い物というようなメリハリはなくなります。それを楽しめるかが、アーリーリタイアに向いているかどうかですね!

  • 年間生活費目標:160万円

残念ながらざっと見た限り、いくらの貯金があるのかが分かりませんでした。

2. セミリタイア(配当金+副業)

配当金だけでは生活できないから、アルバイトなど少し働きながら、セミリタイア生活を送っている方のブログをご紹介します。

①40代で貯金2000万円でセミリタイア

なんか、かなり共感できるブログタイトルです!40代半ばの男性です。しかし、2000万円だと完全リタイアは難しいから、セミリタイアのようですね。

リタイア時の想定では、毎月分配の投資信託等の収入7万円/月に加えて、4~5万円の副収入で生活しようとされているようです。

  • 退職時の貯金:2,000万円
  • 毎月分配の投資信託等:7万/月

2016年12月の収支を見ていると、4万円の投信分配金に加え、6万円の実労働、4万円をポイント等から稼いでいるようです。

②45歳アーリーリタイアメント 勝ち組?負け組?

最初は私と同じように早期退職を目指しているブログかと思ったのですが、すでにアーリーリタイヤされたようです。

  • 退職時の貯金:5,000万円
  • 配当金収入:100万円

配当金収入の他に、家賃収入 120万円、FX 60万円、バイト代 50万円で生活されているようです。リタイア初年度は、週2~3回、1日3~4時間バイトされていたようです。ちょうどよい刺激になるかもしれませんね。

③一日不作一日不食

2014/3末、40前で仕事を辞め、無職生活満喫中のようです。

が、実際の家計簿を見ていると、結構働いているようですね。配当金収入のほかに労働収入が144万円、Web収入(主にアフィリエイト)が50万円などあり、合計年収は413万円とサラリーマン並みですね。

  • 配当収入:197万円

貯金は公開されていませんが、リタイアに必要な資金の検証:45歳独身で5000万円?から大きく外れていないとコメントされていましたので、5,000万円程度でしょうか…

3. 配当金生活を送るために必要な金額は?

配当金生活を送っている方々の情報を纏めてみました。配当金額は100万円台の方が多いですが、700万円問い合わせ強者もいらっしゃいますね。

月に10万円くらい配当金が貰えるようになれば、配当金生活を考え始めるスタート台でしょうか。

配当金生活に突入できている方は

①貯金が億単位である

②生活費を10万円とかに切り詰めている

③少し働いているセミリタイア

に分類されるようです。

貯金を億単位まですることは困難なので、一介のサラリーマンの現実的には②③をミックスすることになるでしょう。

実際に配当金生活を送っている方々のブログを参考にした必要な貯金は

配当金生活:5,000万円~2億4千万円

5000万円だとかなり節約か上手な運用が必要になるので、7000万円は欲しいものです。

宝くじ当たらないかなぁ…

本当に会社で働きたくない…ということになれば、勇気をふりしぼって5000万円で配当金生活に突入し、失業保険を貰っている間に副業準備を行い、セミリタイアから始めるのもよさそうですね!

コメント

  1. mushoku2006 より:

    どもどもです。

    私の配当金収入は、
    あくまで現在のポートフォリオを今後も維持したとして、ですけど、
    (私は投資対象を、ころころと、それもすべての総とっかえを平気でする)
    税引き後で年間2万ドルほどです。
    (投資対象がすべて米ドル建てETFなので、配当金もドル建て)

    • ばたばた より:

      mushoku2006さん

      コメントありがとうございます!
      年間2万ドルなんて羨ましいです。元手が多くないから、せめて利回りを向上させて複利で増やしていこうと、やや危険な香りのするFXにまで手を出しました。
      米ドル建てETF一本というのも凄い集中ですね。円高の時に一気に購入されたのでしょうか。
      私は臆病なので、リスクヘッジでいろいろなものに少しずつなので、配当金収入も微々たるものです。
      資産を一気に増やすには、リーマンショックとかのどん底相場で一気に購入するのがいいのでしょうが、そうなる頃にはいつも含み損が膨らんで種銭がないという情けない状態です…