一日千円収入をもたらすトルコリラポジションの完成|20円台になるまで購入停止

FXの金利収入にあたるスワップポイントで、毎日千円のお小遣い稼ぎを目指してトルコリラの買いポジションを持つ計画を立てていました。

トルコリラのスワップポイントは、年利11%と銀行金利と比べ物にならないほど高金利です。レバレッジをかければ、年利20%も夢ではありません。

しかしながら、高金利通貨というのは、金利を上げないと買ってもらえない通貨という意味でもあるので、政情不安などでアッという間に値下がりします。

そのため、地道にスワップポイントを貯めても、為替レートの暴落でスワップ以上の含み損を抱えて、下手をするとロスカットされてしまう怖い通貨です。

スポンサーリンク

1.トルコリラスワップ毎日千円計画

怖い通貨であるものの、金利の高さに惹かれて始めたトルコリラFX。下記のような計画で進めてきました。

トルコリラ 毎日スワップ千円生活に向けて!

  • 毎日1,000円のスワップを目指す(月に3万円)
  • 1万トルコリラ当たり92円のスワップと仮定すると、11万トルコリラ必要
  • 一度に購入せず、レートを見ながら1万トルコリラずつ買い増し
  • レバレッジは2~3倍

もともと、100取引通貨から取引できるマネーパートナーズnanoを利用して、1,000トルコリラずつ購入していましたが、スワップポイントが1万トルコリラ以上でしか取引できないマネーパートナーズPFXの方が高かったため、途中からnanoからPFXに資金を移して、1万トルコリラずつ買い増ししています。

まだ、4万トルコリラしか購入していないうちに、32円を超えたため、慌てて1万トルコリラ購入したり、その後、31円後半に下がったら押し目買いのチャンスとばかりに買い増したり…

今ではそれらの高値ポジションは含み損を抱えていますが、唯一の救いは5万トルコリラとかまとめ買いはしていないので、足かせになるほどの塊がないことです。

2. アメリカとのビザ発給停止問題により、買いポジションの完成

アメリカとのビザ発給停止問題によるトルコリラ下落により、買いポジションを増やすことができました。

当初予定の11万トルコリラより1万トルコリラ多く買ってしまいましたが、12万トルコリラの買いポジションが完成!

マネーパートナーズ口座を使っていますが、メキシコペソも一緒に運用しているため、証拠金比率が700%とかになってきて、ロスカットが不安だったので、口座資金を増やし、250万円にしました。

3. 現在のポジション状況

現在、トルコリラ12万リラを保有しているマネーパートナーズのポジション状況です。

指値で購入したもの、押し目買いのつもりで裁量買いしたもの、いろいろあります。

  • 取引通貨   : 12万トルコリラ
  • 平均約定レート: 31.188円
  • 評価損益   :▲49,360円
  • スワップ   : 37,452円

4. スワップポイント状況

マネパのパートナーズFXの今週のスワップポイントです。一日平均99円です。(1万トルコリラ当たり)

今週久々に他のトルコリラ取り扱い業者を抑えて、マネパがスワップポイント№1になりました。

もともと、マネーパートナーズはスワップポイントを任意のタイミングで引き出せる魅力に惹かれていましたが、最近はスワップポイントが他の業者に負けることもあったので、悔しい気持ちでした。今週は、スワップでも一位だったのが嬉しいですね!

12万トルコリラを保有しているので、

99円 × 12 Lot = 1,188円/日

のスワップポイントが貰え、1ヶ月で35,640円の収入になります。

但し、トルコリラの値下がりスピードの方が速く、今のところ評価損も含めるとマイナスになってます…

5. 今後のトルコリラ運用

とりあえず、毎日千円を稼いでくれるポジションが完成したので、ポジポジ病が治ってくれるとよいのですが…

買いたくなるのを防ぐために、ここに宣言します!

1トルコリラ=30円以上のポジションはもう買わない

お気づきかと思いますが、29円台に下がったら、また少し買い増すつもりです。

現時点でまだ含み損を抱えているのに懲りていないですよね(笑)