SBI証券で300万円を元手にIPOチャレンジし続けるとどうなる?

IPOなんて全く申し込んだことがなかった私ですが、日本郵政グループIPOで初めてゆうちょ銀行に当選して、利益確保することができました。
一万円を握る
宝くじみたいで面白い!まぁ、初値割れするリスクはあるものの、とりあえず大きく上がるものも多いから、これからはガンガンIPOに申し込んでみようというのが、この記事です。

保育園児を二人かかえて、時間があまりとれないから、とりあえずSBI証券で300万円を元手として、IPOを申込みまくる作戦で挑戦します。

最初は前評判などを調べてから、いくら投入するかを検討して申し込んでいたのですが、三連敗。。

どうせ外れるならと、それ以降は、あまり考えずにとりあえず申し込んで、当選したら考えることに方針変更しました。ただ、IPO日程が重なってしまい、どれか選択する必要がある場合にのみ、大手サイトの評判などを見ながら、どの銘柄に資金を投入するかを検討しています。

【SBI証券 IPO挑戦日記】
日本郵政グループ3社は悩みに悩みぬいて、初IPO参戦しました。
  • (株)ゆうちょ銀行 1,500株申込 → 100株当選 (33,801円の売却益)
  • (株)かんぽ生命保険 600株申込 → 落選
  • 日本郵政(株)1,500株申込 → 落選
 
あんしん保証以降3つは、ゆうちょ銀行IPOで気をよくして、いろいろ比較検討して申し込んでみましたが、そうそう当たらないという厳しい現実を突きつけられました。
  • あんしん保証(株) 1,000株申込 → 落選
  • (株)ロゼッタ 1,000株申込 → 落選(株)
  • ベルシステム24ホールディングス 100株申込 → 落選

どうせ、当たらないなら申し込んでしまえ、と方針変更してからのIPOがネオジャパン以降となります。

しかし、連敗が続いています。
  • (株)ネオジャパン 500株 → 落選
  • (株)インベスターズクラウド 800株 → 落選
  • (株)鎌倉新書 1,500株 → 落選
  • (株)ラクス 1,400株 → 落選
  • (株)ランドコンピュータ 900株 → 落選
  • (株)ダブルスタンダード 900株 → 落選
  • (株)アークン 2,200株 → 落選
  • ソネット・メディア・ネットワークス(株) 1,300株 → 落選
  • (株)グラフィコ 1,300株 →上場延期に

300万円の資金があるから有利かと思っていましたが、SBI証券は資金力によって抽選確率が変わるため、ひょっとして何千万円とかいう方と戦っているのかもしれません…

ともあれ、一年間くらいはこの300万円 SBI証券 IPO運動を続けてみたいと思います。
 
2015年結果

15戦  1勝

今年のSBI証券IPO募集が終わってしまったので、結果はゆうちょ銀行のみ当選で、他は13落選  1上場延期でした。
まだ始めたばかりなので、2016年もしばらく続けてみたいと思います。
 
2016年のIPOチャレンジも開始しました~
 
スポンサーリンク