イギリスのEU離脱によるポンド安|ポンド投資に初挑戦!外貨建てMMFか外貨建て定期預金どちらにする?

2016年6月23日のイギリス国民投票により、EU離脱が残留を上回って以降、イギリスの通貨であるポンドが急落し、1ポンド=160円弱であったポンド為替相場が一気に130円になりました。

%e3%83%9d%e3%83%b3%e3%83%89%ef%bc%93%e3%82%ab%e6%9c%88%e7%82%ba%e6%9b%bf

国民投票からもうすぐ3カ月経とうとした現在、為替相場は少し落ち着きを取り戻し、1ポンド=135円~140円をうかがうようになってきました。

そこで、今までポンドの運用は行ったことはなかったのですが、このポンド安を機に一部の資産をポンドにシフトしていくことを検討しています。

スポンサーリンク

1. 日本銀行の倒産の可能性

ポンドに資産をシフトしていくことを検討する背景としてもう一つ、債務超過の日本円が近いうちにハイパーインフレを起こすのではないかと常々懸念していることが挙げられます。

以前の記事でもご紹介した通り、日本の債務残高は異常な状態に陥っており、さらにアベノミクスでの異次元の量的緩和を行い、マイナス金利までやってしまいました。

国の債務の国債がじゃんじゃん増え、それを日銀が買いとるという状態が続くと、円の貨幣価値が下がり、ハイパーインフレが迫っているといっても過言ではなさそうです。

最悪の場合、戦後のように預金封鎖→資産課税というリスクもあり、これを回避するためには、海外に資産を移すというのが一番安全だと思われます。

素人がなかなか海外に預金口座を作るのは大変なので、次善の策として円が暴落しても価値を維持できる外貨の保有割合を少しずつ増やしていきたいと考えたからです。但し、この方法も預金封鎖までされてしまえば、政府から残高を捕捉されてしまうため、資産課税は免れないかもしれません。

しかしながら、円の貨幣価値が下がりハイパーインフレになった際に外貨を保有しているのは強みであるので、円高にふれてきた今、少しずつ外貨を増やしていこうかと考えていました。

2. ポンドを買うかどうか?

リスクヘッジのために、外貨の保有を少し増やしていこうと考えていますが、ドルやユーロでなく、今回ポンドを買うかどうか、、、EU離脱の影響がもう少し落ち着くのを待った方がいいのか・・・・

参考として、今度は10年のポンド/円の為替推移を見てみました。1ポンド=240円を超えた時期もあり、懐かしいですね。

%e3%83%9d%e3%83%b3%e3%83%8910%e5%b9%b4%e7%82%ba%e6%9b%bf

底値のような、ますます下がるような、やはり為替相場を読むのは難しいので、一気に投資せずに少しずつ投資していこうと思います。

3. 外貨の運用方法

さて、ポンドに投資することを決めたので、早速、いつも使っているSBI証券で外貨建てMMFを購入しようとしたところ、、、

sbi%e8%a8%bc%e5%88%b8%e5%a4%96%e8%b2%a8%e5%bb%ba%e3%81%a6mmf%e5%af%be%e8%b1%a1%e9%80%9a%e8%b2%a8

なんと、ポンドは外貨建てMMFの対象通貨でないようです。FX取引であれば、対象通貨なのですが、やはりレバレッジのきいた取引は私の実力では怖いので、MMFか定期預金で探したいと思います。

4. 野村證券外貨建てMMFか新生銀行外貨建て定期預金

ポンドの外貨建てMMFを取り扱っている証券会社が少なく、口座を持っている野村證券が取り扱っているようなので、野村證券の外貨建てMMFと、新生銀行の外貨建て定期預金(ポンド)を比較してみました。

%e6%af%94%e8%bc%83

取引金額やステージにより優遇があるようですが、優遇がない最低のケースで書いています。野村証券は利回りは新生銀行定期預金より良いのですが、ネット取引では外貨建てMMFを取り扱っておらず、本支店窓口に申し込まなければならないので、夜ちょっとネットで取引という気軽さがないので、新生銀行外貨建て定期預金にすることにしました。

ですが、0.1%という利回りは低いですね。。。日本の現在の個人向け国債の金利0.05%(最低保障金利)よりは高いですが・・・・

ちなみに、新生銀行の他の外貨預金金利は1%を超えている通貨も多いので、金利が目当てであれば、こちらの方がよさそうです。%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e5%a4%96%e8%b2%a8%e5%ae%9a%e6%9c%9f%e9%a0%90%e9%87%91

今回はやはりポンドを安いうちに購入しておこうというのが目的なので、金利は低いものの初志貫徹でポンドを申込します。

5. 新生銀行 外貨建て定期預金

さて、普通に外貨定期預金を作ろうとしたところ、メニューに「 外貨定期預金 おためし外貨プラン(1ヵ月もの)」というものを発見しました。

%e3%81%8a%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%97%e5%a4%96%e8%b2%a8%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3

なんと、1カ月物の英ポンド金利は3.00%ではありませんか!

怪しげな仕組み預金か?という疑惑が持ち上がりましたが、説明を読んでみると要するに円普通預金から外貨預金を設定する際に、最初の1カ月は金利を優遇してくれるというもののようです。

1カ月しか優遇されないとはいえ、使わない手はなさそうなので、最初の一カ月はこちらで運用することにします。その後は普通の外貨定期預金に移そうと思います。

1口10万円以上とのことなので、10万円で申し込みました。為替スプレッドはゴールドステージの優遇が働いたようで、50銭くらいで済みました。(通常60銭)

%e3%81%8a%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%97%e5%a4%96%e8%b2%a8%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%ef%bc%92

さて、10万円の英ポンド定期預金の設定を行いましたが、残高照会すると円換算額が99,197円になっており、既に800円くらい損をしたことになっていますが、これは往復のスプレッドが課されて表示されているため仕方ないですね。

%e3%83%9d%e3%83%b3%e3%83%89%e9%a0%90%e9%87%91

1カ月3%の金利は250円くらいなので、1カ月で解約すると為替相場がイコールでもマイナスになってしまうので、1カ月が終了したら今度は普通の外貨建て定期預金に預けてポンド相場を見ながら運用していきたいと思います。

為替相場を見ながらポンド預金残高を徐々に増やしていき、最終的には100万円くらいはポンド預金を持つことを計画しています。

1ポンド=200円に戻る日を夢見ながら・・・・